常識的に考えた常識的に考えた
常識的に考えたの記事一覧

【鉄道】JR北海道が経営難、社長「バケツに穴が開いたような状態」


17年03月15日 18:00

1:(?∀?(⊃*⊂) ★2017/03/15(水) 08:07:09.69 ID:CAP_USER9.net

JR北海道が苦境だ。2016年11月に単独では維持困難な10路線13区間の公表に追い込まれた。

全路線の約半分の距離の見直しを示した島田修社長は、その赤字構造を「バケツに穴が開いたような状態」と表現する。
国鉄分割民営化から約30年が経過。JR東海のリニア中央新幹線や16年10月のJR九州上場をその光とすれば、
影を一身に背負うのがJR北海道。島田氏の苦悩は深い。

島田氏の社長就任は14年4月。11年5月の特急列車脱線火災事故を受け、12年に常務を退任し、子会社の社長を務めていた。
当時JR北海道は混乱の極みにあった。

11年には中島尚俊社長(当時)が小樽市沖合で遺体で発見。
相次ぐトラブルや複雑な労使関係を苦にした自殺とみられる。

13年9月には貨物列車が脱線、その後レールの異常放置や検査数値の改ざんも発覚し
野島誠前社長は事実上の更迭。これを受け労使対応の経験もある島田氏に白羽の矢が立つ。

JR北海道、四国、九州は三島会社と呼ばれ経営基盤がぜい弱だ。
ドル箱路線がなく、鉄道の赤字は解消しようがないため民営化時に国から経営安定基金を与えられた。
その運用益で赤字を埋める構想だったが、バブル崩壊後の金利低下でもくろみが外れた。
3社の中でもJR北海道は厳しい。九州と比べ北海道の人口密度は5分の1。
利用者が少なく長い路線を抱え冬には除雪費もかさむ。単独で維持困難な路線も自治体との協議はこれから。
「早く道筋をつけないと経営破綻の恐れもある」(銀行幹部)。残された時間は少ない。
----------

JR北海道社長 島田 修(しまだ・おさむ)
1958年生まれ。80年、東京大学経済学部卒業後、旧国鉄入社。
JR北海道常務、JR北海道ホテルズ社長などを経て2014年4月JR北海道社長就任。
----------

(山下 守=文 AFLO=写真)
http://news.livedoor.com/article/detail/12786794/

【鉄道】JR北海道への支援「赤字補填は無理」 高橋知事、財政支援を国に求めず道としても行わない意向を表明★2©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489291088/



続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:55)関連記事
【鉄道】 韓国、日中の高速鉄道受注合戦に加わりたいらしい…速度352キロが世界を走るのはいつ?
【鉄道】80歳の鉄オタ、豪華寝台列車「四季島」を批判「金持ちだけを楽しませる、格差社会の象徴だ!」
【鉄道】LCCと鉄道で道東へ JR北海道が5日乗り放題きっぷ発売 特急もOK
【鉄道】「のぞみ」東京~新大阪間が1万円 JR発足30周年記念価格を会員向けに設定
【鉄道】「欲しい方売ります」 鉄道会社がすごくそっけない感じで機関車「ED403」を売り出し中(写真あり)
【鉄道】「欲しい方売ります」 鉄道会社がすごくそっけない感じで機関車「ED403」を売り出し中(写真あり)
【鉄道】ソウルー釜山間90分の高速鉄道、早ければ27年開業 最高時速400キロの列車を運行
【鉄道】ボルト70万本締め直しへ 新幹線脱線防止ガード、3月に静岡―掛川間で脱落が発見されたため JR東海
【鉄道】世界初!レール交換全て機械で行うシステムを初公開
【鉄道】中国からロンドンの1万2000キロ結ぶ貨物列車が運行 「一帯一路」の一環、両国間の直通貨物は初めて
【鉄道】元特急スーパーひたち「651系」を普通列車として使用へ、常磐線で7月から JR東日本
【鉄道】撮り鉄が「四季島」規制に不満 ネットではJR擁護の声
【鉄道】新幹線とクルマが同じ橋を並走 日本初、新幹線と道路の「併用橋」登場へ
【鉄道】日本製メトロ車両が台湾に到着したことを祝うパレード 台中市
【鉄道】発車直後に非常通報ボタンが押され緊急停車、男性2人「降りたい」…札幌市営地下鉄「非常通報装置の不要な使用は絶対にやめて」
【鉄道】豪華寝台「四季島」一番列車が出発 東北・北海道を周遊 JR東日本
【鉄道】豪華寝台列車ブームに鉄オタが喝!「完全に金持ち優遇で、ホント、頭にきますよ!」
【鉄道】電車への落書き、今度は滋賀・近江今津駅で スプレーで「GEiSHA」などの文字の入ったイラスト…関西で類似ケース3件続く
【鉄道】韓国の“鉄道物流輸送革新” 全長1キロ越える貨物列車の運用を本格化 コンテナを2段に積む貨車も開発

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.