フットボール速報フットボール速報
フットボール速報の記事一覧

本田圭佑を日本代表から外すのは危険な賭けというより、現実的な選択肢だ


17年03月14日 14:30

1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/14(火) 12:10:27.39 ID:CAP_USER9.net

時差をまたぐ中での連戦では、フルタイムもたないだろう。

 3月23日のUAE戦、28日のタイ戦の日本代表メンバーが16日に発表される。特にホームで敗れたUAEとのアウェーゲームは、文字通り負けられない一戦だ。
 
 今回のメンバー発表でもっとも注目されるのは、本田が招集されるかということ。
 
 ミランでのリーグ戦出場がわずか5試合。それも先発は1試合だけで、95分しかピッチに立っていない。厳しい表現をすれば、いないに等しい選手となっている。
 
 本田は日本にとって外せない存在だった。
 日本のパスはほとんどが本田を経由することで、攻撃にリズムが生まれた。だが、それも過去形になりつつある。ハリルホジッチ体制になり、徐々に影響力は衰えてきた。ポジションはトップ下から右サイドになり、本田に合わせて周りが一斉に動くようなシーンは減った。
 
 時代は確実に変わりつつある。
 昨年11月11日のオマーン戦では、親善試合ながら中盤を完全に仕切った清武弘嗣が勝利を演出し、その流れはサウジアラビア戦も続いた。本田と香川が先発を外れたこの試合では清武が創り、原口元気が運んで、大迫勇也が収めるという形で貴重な勝利を挙げた。
 
 影響力が低下し、所属クラブで出番のない本田を、ハリルホジッチ監督は招集するのか。
 
 本田は日本で数少ない、強さを備えたプレイヤーだ。厳しい時に前線で踏みとどまり、ひとりで時間を創り出すことができる。だが現状では、かつてのようなプレーは望めない。時差をまたぐ中での連戦では、フルタイムもたないだろう。
 
 また、今の日本では大迫、原口に加えて久保といった新世代が台頭。中盤ではベテラン長谷部の充実も心強い。Jリーグでも経験豊かな中村憲が健在ぶりを見せている。
 
 2連勝したオマーン戦、サウジアラビア戦の流れを考えれば、本田を外すことは危険な賭けというより、現実的な選択肢だ。
 
「所属クラブで出番のない選手は、出られるクラブに移るべきだ」というメッセージを再三発してきたハリルホジッチ監督にしてみれば、今が決断の時だろう。調子を重視する監督が矛盾した起用を続けていれば、その言葉は信用を失ないかねない。
 
 敵地でのUAE戦は本田がいてもいなくても、難しい一戦になる。ならば、いつまでもカリスマの神通力に頼るのではなく、今躍動している選手たちがどれだけ戦えるかを見たいと思う。それは監督の手腕がシビアに試されるということでもある。
 
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00023414-sdigestw-socc


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489461027
続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:32)関連記事
本田圭佑、クローザー起用へ
本田圭佑、トルコ移籍の可能性も? フェネルバフチェが獲得画策と地元紙
本田圭佑、代表入り サッカー日本代表W杯最終予選メンバー発表
本田圭佑、代表入り サッカー日本代表W杯最終予選メンバー発表
本田圭佑「根性で俺を上回った奴はいない。サッカーで俺より根性ある奴に出会った事がない」
本田圭佑「毎日落ち込んでるよ」 苦境でも諦めない生き方 見つけた答えは根性
本田圭佑「道筋は見えています」若手台頭も気迫十分
本田圭佑がオーナー交代でACミランから速攻で捨てられる(画像あり)
本田圭佑がツイッターでACミラン退団を明かす 「今季でミランを離れます」
本田圭佑がハリルの戦術に異を唱える!「守備のやり方に問題があった」
本田圭佑が必死に溶け込もうとしてて草(画像あり)
本田圭佑が米メジャーリーグサッカーからの高額オファー(3億4200万円)を断った理由www
本田圭佑さん(30)、すんごい暇
本田圭佑に“エアオファー”疑惑 2クラブからオファー報道も現地記者は疑問視
本田圭佑による新たな問題提起「意外に守備に問題があったりするんじゃないか」
本田圭佑による新たな問題提起「意外に守備に問題があったりするんじゃないか」
本田圭佑にチャンス到来か、ボローニャ戦に左サイドで先発する可能性が浮上
本田圭佑に居場所はあるのか?重なる中村俊輔の姿。7年が経過し、本田はポジションを奪われる立場に
本田圭佑の「ACミラン」退団ツイートがこちらwwwwww
本田圭佑のミラン退団は避けられず…伊紙「もはやサムライらしい要素は精神だけ」

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.