バイク速報バイク速報
バイク速報の記事一覧

1964年F1王者のジョン・サーティース亡くなる、二輪・四輪で世界王座を獲得


17年03月14日 08:00

0121
 1956年、58~60年と二輪のロードレース世界選手権でチャンピオンを獲得し、四輪では1964年のF1ワールドチャンピオンを獲得したジョン・サーティースが3月10日亡くなった。83歳だった。

 サーティースは1934年2月11日イギリス生まれ。二輪では1956年にMVアグスタを駆り、初めてロードレース世界選手権500ccクラスのチャンピオンを獲得。以降58年から60年まで連続チャンピオンを獲得した。

 1960年には四輪に転向し、F1に挑戦。63年にはフェラーリに加入し、2勝を挙げワールドチャンピオンを獲得。二輪、四輪の世界最高峰でワールドチャンピオンを獲得した唯一の存在となった。

 その後クーパーを経て、1967年にはホンダに加入。歴史的な名勝負となったモンツァでのイタリアグランプリでは、ホンダRA301を駆り0.2秒差でジャック・ブラバムを抑え優勝をもたらした。

 1970年には自らの名を冠したサーティースでF1に挑戦したが、72年を最後にF1での活動を終えた。ドライバー引退後はクラシックイベントに参加したり、二輪や四輪のチーム運営に携わったりと活動。息子ヘンリー・サーティースもレーシングドライバーとして活躍したが、2009年のF2でタイヤが頭部を直撃。18歳で亡くなっている。

 サーティースは2月からロンドンの病院で呼吸器系の疾患により入院していたが、10日、家族が「おだやかに亡くなった」とする声明を発表した。

「彼はモータースポーツ界の偉人であり、つい最近までヘンリー・サーティース財団とともに、バックモアパークのカートコースで疲れも知らず働いていた。我々は彼のような驚くべき、そして親切で愛された男の人生を祝福し、彼を失ったことに深い悲しみを示す」

 モータースポーツ界の大いなる存在の逝去に、心から哀悼の意を表します。

[オートスポーツweb ]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00097947-rcg-moto
no title

https://cdn-image.as-web.jp/2017/03/11051049/0211-1280x853.jpg

続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:28)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.