常識的に考えた常識的に考えた
常識的に考えたの記事一覧

【宇宙】7つもの地球型惑星が見つかった惑星系「TRAPPIST-1」の画像をNASAが初公開


17年03月13日 11:00

1:記憶たどり。 ★2017/03/13(月) 08:32:44.59 ID:CAP_USER9.net

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010000-sorae_jp-sctch

2016年に発見され、2017年2月には「地球型で生命体がいるかもしれない惑星」
が3つも見つかった惑星系「TRAPPIST-1」。その初画像を、ケプラー宇宙望遠鏡が
届けてくれました。

正直レゴブロックが動いているようにしか見えない、今回の画像。これは、
ケプラー宇宙望遠鏡による12月15日から3月4日までの「K2ミッション」のさなかの、
2月22日の観測結果です。そしてチラチラと明かりや形状が変化しているのは、
約39光年先の赤色矮星「TRAPPIST-1」の前を惑星が通過しているからなのです。
 
TRAPPIST-1にはTRAPPIST-1bからc、d、e、f、g、hまで、7つの地球に似たサイズの
惑星が確認されています。そしてそのうちe、f、gが恒星との位置がちょうどよく、
液体の水を保持しうる「ハビタブル惑星」に該当するのです。
 
今回の観測では6つの惑星の大きさや、7つの惑星の公転周期/質量などの解明、
それに恒星の重力活動などの解明ができるとされています。さらに2018年に
打ち上げ予定の「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」にて、より詳細な観測が
期待されているのです。


7つも地球サイズの惑星が見つかった「TRAPPIST-1」




続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:64)関連記事
【宇宙】 NASAが土星の衛星の海底に潜水艦を贈る計画が始動! 地球外生命体がガチでいる可能性アリ!
【宇宙】 みちびき4号機、10日午前7時1分に打ち上げ
【宇宙】 米国、50年ぶり人類を月へ 
【宇宙】40年前に打ち上げられた探査機ボイジャー、今なお続く宇宙の旅
【宇宙】4万歳の「赤ちゃん星」(原始星) 神秘的だ
【宇宙】50億年後、太陽が死ぬと何が起こるのか、というモデル研究[05/14]
【宇宙】50年前にアポロ4号が撮影した地球の画像、NASA
【宇宙】9月1日 小惑星「フィレンツェ」が地球に大接近!!!!
【宇宙】Googleストリートビューがついに宇宙へ進出!!!スゲーな
【宇宙】NASA、宇宙望遠鏡打ち上げ 「第2の地球」探索へ
【宇宙】NASAが木星表面の画像公開!巨大なサイクロンや地底から湧くアンモニアの川などが確認できるらしい!!!
【宇宙】NASA・生命が存在しうる「ハビタブル惑星」を新たに10個発見!!!
【宇宙】「35億年前の月は大気に覆われていた」とNASA発表!!!
【宇宙】「なぜ火星は生命が存在できなくなったのか?」科学者がその理由を解明
【宇宙】「ケンタウルスA」の観測データ ダークマター宇宙論と矛盾、回転運動を説明できず
【宇宙】「発泡スチロール」でできた巨大な惑星が発見される
【宇宙】こ、これが火星なのか… 火星探査機キュリオシティから送られてきたパノラマ写真
【宇宙】この宇宙が二次元のホログラムであるという証拠が見つかる
【宇宙】もしかしてエイリアン? 国際宇宙ステーションの外で微生物を発見

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.