バイク速報バイク速報
バイク速報の記事一覧

今も激アツ!かつてみんなが熱狂した50ccスクーター


17年03月13日 08:00

no title


 最大出力7.2ps…この数値を見ただけで、心がアツくなれる人にぜひお伝えしたいことがある。50ccスポーツスクーターは今もアツイってことを。

■レーサーレプリカのようにスポーツスクーターも尖っていた

 16歳になり原付免許を取り、50ccのバイクに乗ると、世の中が一変する(こともある)。

 多くの人にとって、幼き頃の最速の乗り物は自転車であろう。そしてバイクは、自分以外の動力だけで進むことができる初めての乗り物になる。もちろん、上り坂でへこたれることもない。電車やバスのように時刻表を気にする必要もない。まさに、自由を勝ち得た気分になるのがバイクだといえよう。

 かつてレーサーレプリカのバイクが巷にあふれ、性能が日に日に進化していったのと同じ頃、50ccバイク、とりわけスクーターもまた、性能が著しく進化していた。“スポーツスクーター”と呼ばれる高性能なスクーターが続々誕生したのだ。その元祖とも呼べるのが、ヤマハの『JOG(ジョグ)』であろう。

■スタイリッシュでパワフルな初代『JOG』

 1983年に誕生したヤマハ『JOG』は、フェンダーがカウルと一体になったスタイリッシュなフォルムに鮮やかなカラーリングを施した、新時代を予感させるスクーターだった。

 エンジンは49ccの排気量から最大出力4.5psを発揮する2ストローク。セルスターターも用意されていて。それでも乾燥重量は49kgと軽量。鋭いダッシュで“スクーターは遅い”という世間の常識を覆したエポックメイキングなスクーターだ。価格は9万9000円と、10万円を切るリーズナブルなもの。

 この軽快で、手の届きやすいプライスのスクーターに、若者は飛びついた。販売1年で30万台を記録する大ヒットモデルになったのだ。エンジンが空冷単気筒の2ストロークタイプだったこともあり、いじるのも簡単。

 なので、カートコースなどを利用した「スクーターレース」が人気を得るようになる。スクーターにフルフェイスのヘルメットをかぶり、革ツナギを着て、コーナーでハングオン…。今までは考えられなかった、“スクーターでスポーツする”ことを可能にした原動力が、この初代ジョグだったことは間違いない。

 1977年に登場して人気だった初代『パッソル』に、ジョグのエンジンや駆動系をスワップする、通称“パッジョグ”が流行するなど、50ccスクーターを楽しむ文化が根付いたのも、ジョグの大きな功績だった。

no title


つづき
http://dime.jp/genre/356956/

続きを読む
記事の全文を表示する(参照回数:58)

▲ページトップ

オタクニュース


copyright harikonotora.net All Rights Reserved.